中小企業診断士一番安い講座はどこか?一番良い勉強方法は?

中小起業診断士という資格があります。

経営コンサルタントの国家資格ですね。

でも、税理士とか弁護士のような資格がないと仕事ができないわけではないです。

 

経営コンサツタントは、誰でも名乗って仕事はできるのです。

 

実は僕も1次試験には合格しています。

2次試験には合格していませんが。。。。。

 

僕はTACという大手予備校に通学していましたが、

その経験から思う、これから勉強する人に(特に家族持ちの方)短期合格するなら、

通学か通信のどちらを選べばよいかということを私見を交えてお話しします。

 

 

さて、ここで中小企業診断士試験とは?

というところを少し紹介します。

冒頭に書い通り、コンサルタントの国家資格です。

 

中小企業診断士とは、

中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則に基づき登録された者を指す。

となっています。

中小企業支援法では、中小企業の経営診断の業務に従事する者とされています。

 

その中小企業診断士になるためには、

当然国家試験を突破しなければいけないわけです。

 

その試験の内容は、

1次、2次(筆記式)、2次試験(口述式)とあります。

1次試験は毎年8月。

2次試験(筆記式)は毎年10月

2次試験(口述式)は毎年12月

というスケジュールになっています。

 

まず最初の関門である1次試験は、

全7科目突破しないといけません。

経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業施策

結構大変ですね。

ボリュームあります。

 

特にお仕事をしている方で、

さらに家庭をもっている方にとっては、

勉強に割ける時間も限られるなかで、これだけの教科を勉強するのは大変ですね。

 

ちなみに、この試験その昔は全教科一発合格しなければダメでしたが、

いまは、科目合格制を敷いています。

でも、やはり一発合格を狙った方がいいと思います。

 

さてさて、

ここでは1次試験をターゲットにして、

僕の体験を交えて、

どのように勉強をすればいいかを少し話します。

 

まずは独学。

これは一番お金がかからないパターンです。

でもオススメはしません。

 

時間が限られている人にとって最短合格を目指すならば、学校または通信教育を使った方がいいです。

わからない時には質問できるし、

試験に出るところを効率的に学べるからです。

 

じゃあ、

大手予備校などの通学講座か?

それとも通信講座か?

 

どちらがいいか?

通学講座に過去通っていた僕ですが、

 

サラリーマンで家庭を持たれている方は、

通学よりいまは通信講座の方が断然良いです。

 

通信講座の中でも、

ITを駆使して展開している通信講座がベストです。

 

移動時間、細切れ時間、会社の休憩時間などなど、

いつでも、どこでも

勉強ができるWEB講座などをやっている通信講座ですね。

 

いまやスマホがあれば、

どこでも勉強できる時代なので、

わざわざ通学講座へ行く必要はありません。

 

僕が、

もう一度1次試験の勉強をするなら、

ここの通信講座が現時点ではオススメです。

 

中小企業診断士試験講座レボ

 

レボ は、通信講座専門の資格学校です。

特長は、とにかく価格が安いということ。

こんな価格でやられたら、大手予備校は厳しいだろうなあという感じです。




この会社の強みを上げるとこんな感じです。

1.価格は安くても講義内容は質、量ともに充実しています。

→僕が通学していたTACにも全くひけをとりません。全然問題なしです。

2.質問は回数無制限で受け付けている。それも24時間メールで受け付けてくれます。

3.テキストは、オリジナルのものです。

4.PC、スマホ、タブレットなどで動画講義を受けることができます。

 

そして、そして、

この特典が僕は一番すごいと思います。

3年間延長制度。

中小企業診断士の1次試験は、科目合格制をとっているといいましたが、

場合によっては、1年目全部合格しない場合、

残りの科目を2年目、3年目に勉強しなければいけません。

でも、レボ の場合には、

1年目支払った料金で、2年目、3年目についても無料で受講できる権利があるのです。

 

これから中小企業診断士を目指す人には

絶対オススメの通信講座ですね。

僕も、TACへ行く前にここの通信講座の存在を知っていればと悔やまれますね。

費用面で全然違いますからね。

 

詳細は、

このバナーをクリックするとレボのサイトへ飛びますので、

クリックしてみてください。