車のナンバープレートに使われていない文字と驚きの理由!

どうも、

今日は車のナンバープレートについて、

ちょっと人に話したくなるプチネタです。

 

車のナンバープレートは皆さんご存知の通り、

こういうやつです。

車のナンバープレート

 

ここで注目したいのは、平仮名で書かれているところです。

上のナンバープレートで言うと、「さ」の部分です。

 

結構有名なのは、

「わ」が使われているケースですね。

これはレンタカーを意味します。沖縄行くとよく見ますよね。

沖縄はレンタカーが多い証拠ですね。

 

ちなみに、「わ」がすべて使われてしまった場合には、「れ」が使われるそうです。

 

さて、

ここで基本的なルールを紹介します。

この平仮名もルールがあります。

 

自家用車として登録される場合、

「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」が使われます。

商売など事業者用として登録される場合は、

「あいうえかきくけこを」が使われます。

 

上の平仮名の中で使われていない文字があるの気が付きましたか?

4文字が使われていないです。

 

使われていない4文字とその驚きの理由は?

 

その4文字が使われていない理由が、ちゃんとあるのです。

まずは、

「お」です。

これがない?あってもよさそうですよね。

「お」がない理由は、「あ」に見た目が似ているので間違えやすいからなんだとか。

なるほどね。っていう感じです。

 

お次は、

「し」ですね。

これは想像付きやすいんじゃないでしょうか。

そうです「死」をイメージするからですね。

縁起が悪いですからね。この理由は納得。

 

次は、

「ん」ですね。

これは、あってもいいじゃん!と思いましたが、

実際には使われていないそうです。

その理由は、発音しにくいからだそうです。

たしかに、

警察がパトカーから、前の横浜〇〇「ん」の〇〇〇〇止まりなさい!

という時に「ん」だと言いにくいですね。

 

最後は、

「へ」が使われていないです。

この理由が実に面白い。

わかりますか?

ちょっと考えてみてください。

 

シンキングタイム



















10

わかりましたでしょうか?

 

答えは、

「屁」をイメージさせるからだそうです。

オナラを連想させるから使われていない。

これまでの3つは理由は、なんとなくそうかなあと思いますが、

さすがに、「へ」はオナラを連想させるからという理由は、

面白いというか、驚きですね。

 

ちょっと人に話したくなるプチネタでした。

酒の肴に使ってみてくださいね。